git 追跡されていないファイル(untracked file) を消す git clean -f

うっかり使わないファイルを量産してしまうこと、ありませんか?

まああんまそういうことってないと思うんですけど、新しく作ったファイル、新しくよそから持ってきたファイルなど、statusに表示されてはいるもののやっぱりいらなかったから消したいってことがたまにあると思います。

git初心者(私)はcheckoutで消えると思いがちですが追跡されていないファイル(untracked file)は消えないんですよね。

で、そんな時どうするかというとこれ

git clean -f

でファイルが消えます。そして

git clean -d

でディレクトリが消えます。おまけに

git clean -n

でどのファイルが消えるか確認できます。

git clean -nでどのファイルが消えるかしっかりと確認して(重要) git clean -f で実際に消すってのがプロっぽくて(重要)いいのではないでしょうか。

cleanのお話でした。

因みに私はこのコマンドを知らなかった頃、偉い人にコードを見せに行く直前に友人にunko.txtという文字通りくそみたいなファイルを作られて消し方が分からず物凄く汗をかいたことがあります。おやすみなさいませ。

にほんブログ村 IT技術ブログへ
おすすめ

Udemyのビデオ講座は本当に捗るので学習にとてもおすすめです。まじで。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です