VSCodeでGo言語のデバッグをする

さてさてWeb開発をするにあたってデバッグできる環境は必須ですよね(Webじゃなくても必須ですね)。

ということで、VSCodeでGo言語をデバッグできる環境を整えていきましょう。

まずはDELVEを準備

Go言語のデバッガーであるDELVEをインストール&設定していきましょう。

(DELVEについては詳しく調べていないのでわかりません。へへっ)

こちらのサイト様を参考にやっていきます。わかりやすくて素敵です。ありがとうございます。

http://dev.classmethod.jp/go/visual-studio-code-golang-debug/

ちなみにVSCodeにプラグインを入れるとこも一緒に解説してくださっていますね。

今更ですがPCはMacです。WindowsPCの方は別途調べてみてください。すまねえ。

1.証明書を作成

DELVE用の証明書が必要なようなので作りましょう。

Keychain Accessを起動->メニューの[キーチェーンアクセス]->[証明書アシスタント]->[証明書を作成]で作ります。

は〜ここまで書いたところで先ほど参考に上げさせていただいたサイトを写してるだけにしかならなそうなので説明やめます。

先ほどのサイトを参考に証明書を作成しましょう。

2.DELVEインストール

先ほどのサイトを参考に…と思ったのですが参考にしてやったらmake installの部分でエラーが出ます。詳しくは調べてないのでわかりませんが手順が抜けてるみたいです。

ということで製作者の説明を参考にやっていきましょう

https://github.com/derekparker/delve/blob/master/Documentation/installation/osx/install.md

HomeBrewはinstallコマンドだけでオッケーだよみたいな感じかと思ったんですけど無理でした。

ということで丁寧にやっていきましょう。と言ってもコマンドをコピペ実行でオーケーでした

これでとりあえずhelloWorld的なプログラムのデバッグができることは確認できました。やったね!

Webアプリケーションはできるんですかね…?(PHPでいうXdebug的なこと)

やってる動画を見た気がするのでできるとは思うのですが。簡単にできるといいなあ。

今回はこんな感じ。次回はRevel入れてデバッグ試してみましょう。

にほんブログ村 IT技術ブログへ
おすすめ

Udemyのビデオ講座は本当に捗るので学習にとてもおすすめです。まじで。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です