Go言語:Revelチュートリアル02

さてさて引き続きRevelのチュートリアルをやっていきましょう。

をIndex.htmlに追記。多分footerの前あたり。

そうするとアクションがないのでエラーが出ます。

controller/App.goにfunction Helloを追記してViewにHello.htmlを追加すればうごきます。

Index.htmlでmyNameという名前をつけたtextの中身がそのままHelloの引数にmyNameとして渡されます。(名前が同じじゃないと値が入りません)

別の名前をつけたtextを追加して引数にもstringを追加したら二つ渡すこともできました。

簡単便利素敵。

いい感じですね。

ここで一つ疑問に思いました

routesに記入してないのになんで動くの?

ということでconf/routesを見てみると…

それっぽいのありました。

この記述でどうやら/コントローラー名/アクション名でコントローラー.アクション()が実行されるようになってるんですね。安心。

ねむい。とりあえず今日はここまで。続きは明日。

validationとFlashでどうやら終わりですね。短い。最高。

ではまた。

にほんブログ村 IT技術ブログへ
おすすめ

Udemyのビデオ講座は本当に捗るので学習にとてもおすすめです。まじで。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です