pug(jade)の使い方〜pug・sass・TypeScript・gulpでハイカラなフロントエンド開発〜

そろそろWebアプリケーション第二弾を作ろうということで新たにプロジェクトを作っていこうと思います。

で、

前回は生のHTMLに生のCSSに生のJavaScriptという古き良きフロントエンド開発環境だったので今回は

pug・sass・TypeScript・glupというハイカラな環境を構築してやっていきます。

せっかくこれだけ便利な技術があるので使わないと勿体無いですからね。

ということでpug・sass・TypeScript・gulpでハイカラなフロントエンド開発シリーズとして連載開始ですよ。

今回はpug(jade)です。いざ。

pug(jade)とは?

まずそもそもなぜ()が付いているのかというともともとjadeという名前だったものがなんかいろいろ(商標登録がどうとか)あってpugという名前に変わったからです。まだそんなに時間が経っていないので念のため()で書いています。

pugもjadeもいまのところ中身はほぼ同じなので(pugのほうが新しい情報が出ますが)ググる時はどっちでググっても大丈夫です。

まだjadeという名前のほうが情報が多い気がします。

さて本題、pug(jade)とは何かと言いますと、

pug(jade)とはHTML を書くための軽量マークアップ言語 である Haml に影響を受けた JavaScript テンプレートエンジンでもあり、JST (JavaScript Templates) の一つです。(http://sitest.jp/blog/?p=1911)

ですって。

なんか難しそうな感じがありますしJavaScriptテンプレートエンジンって言われるとJavaScriptを書くやつかなって思いますが簡単に言うとHTMLを楽に便利にかける言語みたいなものです。

pug(jade)で書いたものをHTMLに変換してあとは普通にHTMLと同じ様に使います。

変換の部分はコマンド一つ&この連載で自動化するのであまり気にしなくていいので、とりあえずpug(jade)を使えば楽にHTMLをかけると思っていればいいと思います。

たとえばこのHTMLは

pug(jade)ならこう

かけます。

楽じゃないですか?

このほかにもincludeやらblockやらJavaScriptが書けたりやらいろいろ便利なのですが実はまだよく知らない長くなってしまうので今回は割愛してそのうちまとめたいと思います。

まあとにかくpug(jade)はHTMLをもっと便利に簡単に書くためのものです。

さて、便利なら使わない手はないですよね。使ってみましょう。

あ、とはいえ生のHTMLを触ったことがないという人はまず生のHTMLを使ってみることをお勧めします。

普通にどう書くのかがわからないといちいち二重に学習コストがかかって辛いです。

まずはHTMLをそれなり書ける様になってからpugなどに手を出すのがいいと思います。

pug(jade)のインストール

まずはインストール。例によってbrewを使います。

pugを入れる前にNode.jsというものを入れています。

Node.jsはpugを動かすのとインストールするのに必ず必要です。

Node.js自体はサーバサイドで動くjavaScriptらしいです。詳しくはしりません。

とにかくpugはNode.jsで動作するのでNode.jsが必要なので最初に入れます。

今後こういったものを使う際にNode.jsを入れる様に言われることが多いと思いますがとりあえず言われた通りに入れておいて問題ありません(もちろん一度入れればもう入れなくて大丈夫です)。

Node.jsについてもそのうち調べないとなあって思いました。

とりあえずインストールはこれで終わり。

pug(jade)を使ってみる

早速試しに使ってみましょう。

pugを使った開発ではpugを記述したあとhtmlにコンパイルする必要があります。無事コンパイルできるかやってみましょう。

こんな感じになればOKです。

簡単ですね!

だがしかし!これでpugで開発できるはできるんですがファイルを書き換えるたびに毎回このコマンドを打つってあまりにもめんどくさいですよね。

ということで次回はこれをgulpというものを使って自動的にやってくれる様にしたいと思います。

具体的にはpugファイルを保存したら自動でpug –prettyコマンドを実行してくれる様にする感じです。

これを最初にやっておけばpugからhtmlへの変換については特に気にすることなく開発をすることができ、pugの恩恵をデメリット無しに受けることができますね。楽しみ。

ではまた。

にほんブログ村 IT技術ブログへ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です