環境設定したものをGitHubにあげました〜pug・sass・TypeScript・gulpでハイカラなフロントエンド開発〜

こんにちは。

〜pug・sass・TypeScript・gulpでハイカラなフロントエンド開発〜でまだpugとgulpの説明しかしていないんですが手元で一通りしっくりくる設定が終わったのでGitHubにあげてみました。

こちら

もしかしたらgitリポジトリは大文字は使わないタイプなんじゃないかなあと思ったんですがもうあげてしまったので許してください。

READMEに大体書いてありますが、

pug・sass・TypeScript・gulp+VSCode

の設定が入ったRevelプロジェクトです。

pullしてnpm installしてrevel runしたら動くと思います。

ハイカラなのでSouceMapとwebpackもちゃんとやってあります。ハイカラ。

VSCodeで使う場合はlint系のプラグインをインストールすると捗りますよ。

RevelじゃなくてもRevel以外の部分はgulpの出力先と読み込み元さえ変えたら使えると思います。

ほぼ自分用なので何かおかしいところがあるかもしれませんが見つけたら是非教えてくださいね。

プルリクなんて送ってくれちゃってもいいんですよ(GitHubの使い方知らないけど)。

開発をぼちぼち進めようとは思っているんですがjsわからなすぎてTypeScript全然書けないです。

少しづつ理解して解説記事を書いていきたいものですね。

SassとTypeScriptの設定もそのうち記事にしますよ。

ということでGitHubにハイカラな環境置いといたんで是非使ってくださいって話でした。

ではまた。

保存保存

にほんブログ村 IT技術ブログへ
おすすめ

Udemyのビデオ講座は本当に捗るので学習にとてもおすすめです。まじで。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です