KotlinでAndroidアプリ開発(todoList) その3:レイアウトを作る

さて、やっとAndroidアプリ開発っぽいところに入ります。

まずはxmlでレイアウト(画面に何がどう表示されるか)を設定します。

とりあえずサイドメニューは置いて置いて、メインのリストを作っていきます。

activity_main.xml

メインの画面のレイアウトを設定。

Constraint Layoutというのが新しくできたらしくデフォではそれになっていますがちょっと使い方がわからな過ぎたので今回は一旦LinearLayoutでさらっと。

画面いっぱいにListViewを置いただけです。

task_list_item.xml

タスクのリストに表示されるアイテムのレイアウト。

とりあえずチェックボックスを置いただけです。手抜きじゃ無いよ。

簡単ですね。

次はmodelを作ります。

ではまた。

参考書籍:

1から勉強するのにおすすめでした。(プログラミング経験は無いときつそう)

にほんブログ村 IT技術ブログへ
おすすめ

Udemyのビデオ講座は本当に捗るので学習にとてもおすすめです。まじで。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です