KotlinでAndroidアプリ開発(todoList) その4:modelを作る

モデルを作ります。

モデルってなんだって話なんですが…なんなんでしょうね?

MVCでいうとモデルはビジネスロジックを書くところらしいんですが、本を読んだ限りロジックが書かれているとは思えないんですよね。

MVCのモデルとこのモデルは別なのかもしれないです。あとで調べないと。

とりあえず今回は本に習って、モデルとしてタスクとフォルダがどのような情報を持つのかを定義していきます。

すぐ終わるよ。

modelパッケージを作成

作成したアプリパッケージ(com.example.hogeogeとか)直下にmodelパッケージ作成。

右クリック->new->Package

Taskクラス作成

タスクの情報を持つdataクラス[Task]を作りましょう。

先ほどのmodelPackageを

右クリック->new->Kotlin File/Class

でファイルを作ります。そして書く。

とりあえずIdとタスクの名前、どのフォルダに属しているかのIdを入れてます。

フォルダ分けとか作るのしんどそうだなあ。

Folderクラス作成

上と同じくFolderクラスを作ります。

フォルダ名とIdだけでなんとかなるんじゃ無いかなという気持ち。

はい、とりあえず作りました。後々変更は入るでしょう。

ではまた。

参考書籍:

にほんブログ村 IT技術ブログへ
おすすめ

Udemyのビデオ講座は本当に捗るので学習にとてもおすすめです。まじで。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です