zsh・bash・fishにfzfをサクッと入れてショートカットまで設定する方法

ヘローsaikiです

少し間が空きましたが

めんどくさい設定をなるべくしないでいい感じなZshの使い方(zsh+Prezto+fzf)

の続きでfzfを入れてショートカットも使えるようにしましょう。

多分bashでもzshでもfishでもいけます。

fzfとは

fzf(fuzzy finder)はコマンドラインなど(vimとかでも使える)で曖昧検索をできるツールです。

公式 junegunn/fzf

要は打ち込んだ文字を含むファイルやフォルダ、コマンドなどを絞り込んでくれるやつです。

便利なので入れましょう。

入れるとこんな感じになります。

fzfをインストールする

brewでやります。

入ります。

ショートカットなどの設定(半自動)

入れただけだとfzfと打たないと使えなくて死ぬほどめんどくさいのでショートカットを設定します。

とはいえ設定してくれるファイルが含まれているので実行するだけです。楽。

実行すると英語で

ショートカットをオンにするか?

補完をオンにするか?

その設定をファイルに書き込むか?

と聞かれますが基本的にyで問題ありません。

=============================

以上でfzfのセットアップは完了です!簡単ですね。ここまでやると

  • ctrl+rでコマンドの検索
  • ctrl+tでディレクトリ、ファイルの検索
  • 検索windowが出ている時にctrl+jで下の候補へカーソル移動ctl+kで上の候補へカーソル移動

ができます。

お好みで見た目の設定

これは好みでいいんですが、デフォルトだとctrl+rの検索結果が下に出て微妙なので上に出したい人は.zshrcなどに以下を追記すると良いです

==============================

fzf,簡単にとても便利で最高です。

では、良いコマンドラインライフを。

にほんブログ村 IT技術ブログへ
おすすめ

Udemyのビデオ講座は本当に捗るので学習にとてもおすすめです。まじで。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です