VSCodeでDELVEを使ってGo言語のデバッグをするー改訂版 webアプリもテストもdegubできる!!

どうもsaikiです。

最近本格的にGo言語での開発を始めるにあたってまた色々と開発環境を作り直していたらDELVEの入れ方が簡単になっていたのとそもそも前回手順がそんなに書いていなかったのでもう一度描きなおそうと思います。

(前回: VSCodeでGo言語のデバッグをする

最終的にVScode(VisualStudioCode)でDELVEを使ってパッケージのデバッグとテストのデバッグができるようにします。

DELVEをインストール

前は鍵を作ろとか色々面倒な感じでしたが公式で更新があり、鍵の作成もやってくれるようになりました。

公式;https://github.com/derekparker/delve/blob/master/Documentation/installation/osx/install.md

とても楽です。嬉しい。

以下コマンド

これだけでした。めっちゃ簡単!ありがとう!

VSCodeでセッティング

こっちも実はそんなにやることない

事前に必要なことはこれなどを参考にやっときます。プラグイン入れるだけですが。

VSCodeでGo言語01 ~プラグインを入れる~

で、入れたらVSCodeの画面左にあるアイコンの中の虫バスターみたいなボタンを押します。

その後左上に表示されるデバッグ▷の右にあるプルダウンから構成の追加を押し、開かれるlaunch.jsonを以下のように変更します。

保存して完了!

LaunchTestを選択してデバッグ▷を押すと開いているファイルのテストメソッドを、Launchを選択して押すとmainFuncをデバッグ実行します。

ブレークポイントを設定しておけばしっかり止まります。ブラウザからアクセスした時に実行されるメソッドに設定しておけばそれもちゃんと止まりました。やったね!!

別に難しくはないですが一通り動かす動画用意しました。

これでめっちゃ捗りますね。

(テストの方の設定、動画だとportとか入ってみますが試してみたらいらなかったので消しました)

ということでVSCodeでGoをデバッグする方法でした。

もしかしてRevelもいけるのかな?気が向いたら試そうと思います。

ではまた!

にほんブログ村 IT技術ブログへ
おすすめ

Udemyのビデオ講座は本当に捗るので学習にとてもおすすめです。まじで。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です